FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各駅探訪&乗車記 伏樫~田園

伏樫駅に降りると1面2線の単純なホームだ。駅舎は西口と東口があり、ホームとは構内踏切で結ばれている。まずは西口へと向かった。西口は最近取り換えが進んでいる簡易駅舎で、小さなロータリーがあるがバスの設定はない。個人タクシーの運転手が外でたばこを吸いながら客を待っていた。そして一番の特徴は駅前に市民文化センターがあることだろう。ここではよくアーティストの演奏や講演が開催されている。有名演歌歌手の垂れ幕がかかっているが今日は何もやっていないようである。文化センターで催しものがあるときは賑やかなのだろうが今はとても静かな駅前だ。
今度は一旦構内に入って東口へと向かう。ちょうど1205M普通柿山越行が来ており、踏切で待たされた。これではぎりぎりに駅に着いても電車には乗ることができないなと思いつつ、通り過ぎるのを待つ。遮断機が上がり東口の駅舎に行くと、西口とは違い、2階建てコンクリートのやや立派な駅舎だった。ロータリーも大きなもので市内循環のコミュニティバスと鯖川駅経由双葉ニュータウン行の潮巻交通のバスが1本ずつ設定されている。時刻表を見てみるとコミュニティバスは朝夕10分毎、昼間は20分毎となかなか本数はあるようである。双葉ニュータウン行のほうは朝夕は30分毎、昼は1時間毎とあまり本数は多くないようだ。(後で調べたところ、鯖川駅どまりの設定があるらしくそちらは朝夕15分毎、昼は20分毎と数は多いようだ)
他には駅前交番とコンビニがあるだけであまりにぎやかという感じではない。
駅前探索を終え駅に戻る。さっきは気付かなかったが駅舎の中に「わだち」というパン屋があるのを見つけた。木造の店内には国鉄の特急ヘッドマークや駅名表、タブレットなどの鉄道グッズが飾られていた。店主の進藤さんに話を聞くとこの店は20年前に駅舎がコンクリート建てになるときに店舗を入れることになり、それ以来ずっと潮巻鉄道と一緒に歩んでいるのだという。客は主に通勤客や学生で、朝の利用が多いという。おすすめされたクロックムッシュと自家焙煎のコーヒーを頼んで線路が見える飲食コーナーへと向かった。通勤客は店内で食べずそのまま駅などで食べるようで飲食コーナーには新聞を読んでいる地元客が1人いるのみだった。気づけば朝が早かったため少し小腹がすいていた。まだ温かいパンとおいしいコーヒーを飲みながら乗るはずだった1007Mを見送る。こんな店が身近にあるなんてここに住む人たちは幸せだなと思いながら8時03分発1105Mが来るまでゆっくりと休憩した。
1105M北陸焼山行きは元115系の500系だった。この車両は2000年旧来の車両を置き換えるためにJR東海から来たが現在では老朽化の進行や部品確保の観点から2000系による置き換えが計画されており近い将来姿を消す予定だ。車内はJR東海時代と全く同じで懐かしく感じた。昔は国鉄線のいたるところで走っていた形なのにいつしかJR線では見られなくなってしまった。そしていまやその譲渡先でも姿を消そうとしている。懐かしい115系の唸りを聞きながら次の田園駅を目指す。辺りは鯖川の中心街で3階建てぐらいのビルが立ち並ぶ。田園の名にふさわしい田を見ることなく橋上駅舎の田園駅に滑り込んだ。
スポンサーサイト

各駅探訪&乗車記 鯖川~伏樫

2012年12月東海道線で鯖川駅へ向かった。降り立つと時刻は午前7時を少し過ぎたころだ。駅前の広場は昨日の夜降った雪で白く染まっていた。コミュニティバスだろうか小柄なバスが1台客を降ろしていた。
北へ向かっていくと川潮線の路線の踏切が見えてくる。それを渡り右に曲がると潮巻鉄道鯖川駅の駅舎が見える。JRの駅から200mほど歩かなければならず乗換にはやや不便に感じる。それでも乗り換え客は多いようで寒さに身を縮ませながら学生や通勤客が次々とJRの駅へと向かっていく。しかしこの不便さとも来年の春でお別れである。JR駅舎と潮巻鉄道駅舎を結ぶ連絡通路が開通するためである。これは貨物の廃止によって余った構内を活用して作ったものである。
正面から駅舎を見ると歴史の重みが感じられる木造駅舎である。この駅舎は昭和8年に建設され、それから80年近くたった今も丁寧に整備され現役で頑張っている。中に入ると右手に発券機と窓口があり、左手には囲炉裏のある座敷の待合室がある。そのほかにも石油ストーブの置かれたベンチもあり、ストーブの上では薬缶が湯気を出していた。
窓口では硬券の切符が売られているので券売機ではなく窓口で買う。そのまま古い跨線橋を上ってホームへ向かう。この跨線橋も駅舎完成のころからあるのか かなり古い古レールが骨組みとして使われていた。レールをよく見ると LACKAWANNA 750???と刻印されている。これはおそらく昔海外から輸入されたレールを再利用しているのだろう。
ホームは一面二線で、駅舎寄りの1番線には7時21分発の1000系 区間快速さえずり1号が停まっている。この1000系は当線の主力車両で多くの運用に充てられている。横から見るとどこかJR東海の211系や311系に似ている。一番跨線橋に近い6号車は乗客が多く席はすべて埋まっていた。3号車から1号車は空席がちらほらとある。私は先頭の1号車に乗車した。
乗り込んでからすぐ発車ベルが鳴った。この発車ベルも12月20日にはメロディとなる。車掌からの合図ブザーが鳴り電車はゆっくりと滑り始めた。100mほど進むと右手に鯖川車庫が見えてくる。朝ラッシュのためか元115系の500系一編成しか確認できない。そしてさっき通った踏切を越え、左手に文化センターの大きな建物が見えてくると伏樫駅はすぐである。

北山高速鉄道S10000系の説明

私鉄で唯一200km/h以上で走る高速鉄道である北山高速鉄道。そこを走るのがS10000系である。

■S10000系

s10000serious-1000_convert_20121208190705.png
■データ


製造初年:2011年  編成:5両(4M1T)

営業最高速度:260km/h  設計最高速度:300km/h

起動加速度:1.5km/h/s  編成定員:計265名

編成長:125m  全長:25m

全幅:3380mm  全高:4475mm

車体材料:アルミニウム合金  編成質量:215t

軌間:1435mm  電気方式:DC25000V 60Hz

編成出力:295kw×5=1475kw  主電動機:K10000型三相交流誘導電動機

歯車比:3.04  駆動装置:WN駆動方式

制御方式:VVVFインバータ制御(IGBT素子)

台車:DT10000(電動車)  TR15000(付随車)

制動方式:回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ(応荷重装置付き)

保安装置:KK-ATC(東海道新幹線のATCとほぼ同等) 製造メーカー:川崎重工業
S10000-0+motorman+s+cab_convert_20121218194003.png
▲運転室の画像

■概要
私鉄初の高速運転を果たすため、JRの新幹線の技術を積極的に導入した。足回りはJR東日本のE2系とほぼ同じで、ATC等の保安装置はJR東海から技術指導を受けた。中間車の3号車以外は全て電動車で中間車の分のブレーキも電動車で賄う遅れ込め制御を採用しているため渦電流ディスクブレーキは採用していない。
北山高速鉄道を走る車両はすべてこの形式である。

■車内設備
5両ある車両のうち2号車がハイグレード車の「プラチナシート車」である。プラチナシート車の定員は50名。車内はJR東日本のE2系1000番台グリーン車と同様の設計となっている。
洗面所は1号車と3号車の車端部に設置され、洗面所を使う方がプラチナ―シート車を通らなくて済むように配慮されている。
車体側面の情報案内器は液晶画面を採用し、細かな表示が可能となっている。これを活かし「かわせみ」「しののめ」「おぼろづき」号は名前に合わせたイラストを背景に表示されている。また、液晶の寿命を延ばすため80km/hを超えると自動的に消灯するようになっている。

■構造
中間の3号車以外はすべて電動車である。

●塗装
台車カバーと天井部は群青色、側面はホワイト、窓周りは濃紺、窓下にはフレッシュオレンジの帯を配している。

●集電装置
パンタグラフはJR東日本E2系1000番台のパンタグラフPS207を改良したPS207Zを採用した。

●最高速度
開業時の営業最高速度は260km/hだが、将来的には285km/hで運転する予定である。

■編成
A編成 5両×17本85両が全て製造され、最終編成のA16編成も2012年12月に試運転を開始している。
なお、量産先行車A81編成は検測車として改造されている。

■車体傾斜装置について
2011年10月に落成したA6編成には空気式車体傾斜装置を搭載して高速試験を行っている。そして2012年2月15日に徳木~佐間木間で357km/hを記録し、高速試験は終えた。現在は高速試験で得た環境データを参考に形状試験を行っている。




鯖川駅と荒潮港駅に発車メロディを導入します

12月20日から鯖川駅と荒潮港駅に発車メロディを導入します。
鯖川駅は1.2番線ともにジェイクシマブクロさんの「rainbow」、
荒潮港駅は1番線がとなりのトトロの曲である「さんぽ」のイントロ、2番線がケツメイシさんの「朝日」・「旅人」となっています。これは時間帯によってメロディが変わり、「朝日」は始発から11:00までそれ以降は「旅人」となるようになっています。

今後は今回導入したメロディだけではなく季節に合わせたメロディ、お客様から応募したメロディも流す予定です。

新型車両の説明

2013年4月より運転を開始する2000系車両について紹介します。

■2000系
■概要
新型車両の2000系は老朽化が進んでいる500系を置き換えるために登場する。
基本性能はJR東海の313系直流近郊型電車と共通とし、コストの低減を図っている。
また車体設計もオリジナルではあるものの寸法を合わせてJR東海の路線も走れるよう工夫されている。
このA1編成の登場により既存の500系K3編成を取り換えるが、その後の増備計画は不透明である。
これは6両編成である1000系を4両化し、余った車両を電動車化してまかなう方法が検討されているためである。(しかし、2000系は6両で製造された。)もしこの方法が採用されなければ2000系は増備されると予想される。

■車両性能・設備
前述のとおりJR東海313系と足回りが共通なので基本性能は313系と全く同じである。しかし車内の設計は共通ではない。2000系ではバリアフリーに関する設計を積極的に採用し、お客様が快適にご利用できる車内を目標としている。

バリアフリー対策:
・ドアの上にフルカラーLED式情報表示器を設置し、聴覚障害者の方や外国人の方にも次駅の案内等を伝達できるようにしている。
・ドアの足元のくつずりは黄色に着色し、誤って転落しないよう注意を促している。
・つりかわは従来の高さより100mmほど下げ、つかまりやすくしている。また、優先席部分のつり革は朱色に着色し、区別している。
・座席に立ち上がりやすいようにスタンションポールを設置している
・ドアの鴨居部分にドアの開閉を知らせる赤色ランプを設置している。
・鯖川寄り先頭車6号車に車いすスペースを2つ設けている。

2000ドア


■車内デザイン
車内は基本的に墨色に統一し、車端部と、横窓付近は木目調のシートが張られ、とても落ち着いたデザインとなっている。座席の色も墨色とし、座席の袖仕切りは朱色で縁取り、アクセントを加えている。優先席は濃紺とし、他と区別している。床は墨色と灰色を基調とした市松模様とし、趣のあるデザインとなっている。近年増えているドアの挟み込み事故の注意を促すシールも、周りのデザインに合わせ朱色になっている。また情報表示器は
縁を新緑をイメージさせる黄緑色を配しアクセントとしている。
座席は基本転換式クロスシートだが、鯖川寄り6号車はロングシートである。これは鯖川駅の改札口が6号車寄りにしかなく、混雑しやすいことへの対策である。

潮巻鉄道川潮線に新型車両を導入します。

潮巻鉄道川潮線に来年4月、新型車両2000系1本を導入します。

この2000系車両は老朽化が進む既存の500系を取り換えるために導入されます。
車内はバリアフリーのために車いすスペースの設置、ドア上のフルカラーLEDによる情報案内表示器、ドア開閉ランプの設置、スタンションポールが設置されます。
詳しい情報はまた後日発表します。

2000系イメージ図
e5000.png

北山高速鉄道 運行列車のご案内

北山高速鉄道で運行される列車を紹介します。

列車種別かわせみしののめゆうさりうらかぜあさかぜおぼろづき
停車駅 朝時間帯夕時間帯 朝時間帯夕時間帯
浦星〇↓
霧路
歌川
松和城
宮九部〇↑
徳木  
佐間木 
陣崎↓〇↓〇
新浜川
板槍
桐花〇↑〇↑


運行される種別は上図の通りです。
速達タイプである「かわせみ号」は基本浦星~桐花間を1時間29分で結びます。また、朝時間帯のみ運行する「しののめ号」は、朝食セット(トースト、ゆで卵、サラダ、コーヒーまたは紅茶。 スープも別売りでございます)を200円で提供しています。お求めの場合は車内販売員までお申し付けください。
各駅停車タイプの「うらかぜ号」はプラチナシート以外での車内販売はございません。
また、朝夕時間帯のみ運行する「あさかぜ・おぼろづき号」は全車で車内販売がございません。

編成表

ressyahennsei.png


上図の通り全車禁煙となっております。
自由席の場合は乗車券のみでご乗車になれますが、指定席は別に指定席券の購入が必要となります。指定席券は北山高速鉄道線の全駅と、全国のJtB旅行店で乗車日の1ヶ月から販売されます。
また、プラチナシート車は乗車券のほかにプラチナシート指定券が必要です。お買い求め方は指定席券と同様です。

北山高速鉄道開業!

2013年4月1日、北山県浦星市と越峰県桐花市全長230.5kmを結ぶ北山高速鉄道が開業します。
開業する駅は、浦星霧路、歌川、松和城、宮九部、徳木、佐間木、陣崎、新浜川、板倉、桐花の11駅です。
また太字の駅だけに停まる速達列車も設定しています。列車名は今後皆様の投票により決定します。
今後随時時刻表、駅設備等の内容を発表します。

北山高速鉄道S10000系

s10000serious-1000.png

川潮線配線図その4

■川潮線配線図(山越トンネル第三信号所~荒潮港)

川潮線配線図4

川潮線配線図5




 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。