スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北山高速鉄道概要

                        北山高速鉄道

                kitayama express railway
                  北山高速鉄道エンブレム

 北山高速鉄道(きたやまこうそくてつどう、Kitayama Express Railway Company)は、
2013年4月1日から北山高速線の運営を開始する鉄道会社。本社は北山県浦星市中央区本町1番地。

目次
1歴史
2路線
3車両
4運賃
5その他
6将来


1歴史

・1989年(平成元年)5月1日‐設立。
・1990年(平成2年)4月‐北山高速線(浦星~桐花 間)建設認可。
・1995年(平成7年)5月‐北山高速線第1期工事区間(浦星~徳木間、陣崎~桐花間)建設開始。
・2001年(平成13年)6月‐第2工事区間(徳木~陣崎間)建設開始。
・2006年(平成18年)9月21日‐第1期工事区間工事終了。
・2007年(平成19年)2月1日‐営業用車両S10000系デザイン、概要発表。
・11月5日‐S10000系量産先行車A81編成落成。
・12月1日‐浦星~徳木間試験走行開始。
・2008年(平成20年)‐6月27日徳木山トンネル開通に伴い第2期工事区間開通。これにより全線試験走行開始。
・2010年(平成23年)‐4月16日量産車A2編成落成。
・2012年(平成24年)2月15日‐車体傾斜装置を搭載したA6編成が徳木~佐間木間で357km/hの記録を達成。
・2013年4月1日‐北山高速鉄道開業予定


2路線

北山高速線 浦星駅~桐花駅230.5km
駅数11 浦星駅・霧路駅・歌川駅・松和城駅・宮九部駅・徳木駅・佐間木駅・陣崎駅・新浜川駅・板槍駅・桐花駅。

3車両

S10000系‐北山高速鉄道が保有する列車は2013年1月23日現在すべてこの列車(工事用車両除く) A81編成は検測車として改造されている。

4 運賃
距離自由席運賃指定席運賃
~20㎞1590円×
21㎞~30㎞2090円2690円
31㎞~40㎞2490円3090円
41㎞~50㎞2890円3490円
51㎞~70km3240円3840円
71㎞~80㎞3590円4190円
81㎞~100㎞3940円4540円
101㎞~120㎞4290円4890円
121㎞~130㎞4740円5340円
131㎞~140㎞5090円5690円
141㎞~160㎞5340円5940円
161㎞~170㎞5790円6390円
171㎞~180㎞6090円6690円
181㎞~190㎞6390円6990円
191㎞~200㎞6690円7290円
201㎞~230㎞6990円7590円
※20㎞までは指定席利用不可
距離プラチナ料金 
~100㎞5000円 
101㎞~230㎞8000円 
 
※プラチナシート料金は自由席料金に上乗せ

5その他

北山高速線は日本有数の豪雪地帯を走るため、積雪による運行障害を避けるため明かり区間の全線において地下水によるスプリンクラーを10mおきに設置されている。この装置はJR東日本が技術協力している。

6将来

2013年4月1日に浦星駅~桐花駅間が開通するが、これはまだ全線開業ではなく桐花から先小畑(仮)駅まで(185.2km(仮))延伸する予定である。しかし延伸のめどはまだ立っておらず、工事もまだ着工していない。しばらくは浦星駅~桐花駅間での営業で経営基盤を固めていく方針と考えられる。




※エンブレムの文字には「ふい字」を使わせていただきました
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。