スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各駅探訪&乗車記 (角夜山~北陸焼山)

角夜山駅は一面二線の行き違い可能駅である。ホームに降りると古いレールを骨組みとして再利用した上屋が出迎えてくれた。行き先案内や駅名表も白く塗った木の板に墨らしきもので書かれたレトロなものである。
構内踏切を渡り、これまた古そうな木造駅舎に入ると中は結構新しくきれいであった。この駅は係員がいるので話を聞いてみると駅舎自体は鯖川駅舎完成の翌年、昭和9年に建てられたものだが、築60年を過ぎたころから電気系統の不具合や雨漏り等の老朽化が目立ちその都度応急手当てをしていたが、駅舎の耐震強度不足も明らかになった2009年に改装、耐震工事を行った。駅舎の外観はそのままに柱の補強、内装も大きく変えた。中は従来の木のぬくもりを活かすため暖色系の照明を使用、併設される待合室の半分を情報案内室として駅近くにある鯖川城址や有名な鯖川鉄器などの観光情報を提供している。
駅を出ると比較的大きなロータリーがあるが、バスやタクシーはなく、個人の乗用車が一台停まっているのみだった。まっすぐ進むと鍛治屋町と呼ばれる古い町並があり、その名の通り昔は鍛冶職人が多く住んでいた町だった。今も数軒残っており、そこで作られる鉄器は鯖川鉄器と呼ばれ、全国的に有名である。小さな通りをひとつ奥にはいると静かな古い木造住宅街になっている。大都市名護屋や祇府にも近く地価も安いためひそかに人気のある地区だと駅の係員も言っていた。
休日は観光客で少しにぎわうということだが、平日はとてものどかであった。駅に戻り次の電車を待つ。
1000系10時49分発桐山行きに乗り次の北陸焼山駅へと向かう。
進行方向右側には二川が流れる。しばらくすると鯖川が近づいてくる。二川はここから分かれている分流である。
電車は唸りを上げ山間部へと入っていく。流れる景色の色も一段と茶色くなり山の奥深くに入っていく。
しばらくすると近づいてきていた左右の山が再び遠くなり開けた土地になる。ここが鯖川の裏畑焼山地区だ。
潮巻鉄道もその山間部では貴重な広い土地を活かして車庫を置いている。
電車はやがて減速し、通過線を一本持つ一面三線の北陸焼山駅構内へと滑りこんだ。
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。