FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮巻鉄道の概要

はじめまして!新しくブログを作ったMuUです。このブログは自分が考えた鉄道、つまり仮想鉄道を紹介していこうと思います。不定期ですがたくさん更新していこうと思うので時々のぞいてみてください。
さて、妄想鉄道第一弾は潮巻鉄道会社。太平洋側の内陸にある鯖川駅と日本海側にある潮巻港駅を結ぶ全長66.9kmの鉄道路線である川潮線を経営する鉄道会社です。今日は基本的なデータを書いてみたいと思います。
潮巻鉄道会社エンブレム
川潮線 (かわしおせん)         

川潮線は岐阜県鯖川市から福井県荒潮市に至る潮巻鉄道株式会社の運営する鉄道路線である。

路線データ
全線電化単線(北陸大崎~柳並木は複線)
路線総延長 66.9km
軌間    1067mm
最高速度  120km
電圧    直流1500V                     
管轄 潮巻鉄道株式会社 (第一種鉄道事業者)
駅数 24駅(起終点駅も含める)
複線区間 北陸大崎~柳並木(4.6km)
閉塞方式 自動閉塞
交換可能駅 仙人峡、紅葉谷、鷺島、鴫土手、藤花、暮内駅以外の全駅
最高速度 鯖川ー外堀間120km
     外堀ー潮巻港間90km
運輸指令所 鯖川運輸指令所

概要
潮巻鉄道の前身、柿山鉱山鉄道は昭和2年、柿山鉱山から銅と石灰石を運搬するために作られた。
当初は軌間762mmのナローゲージで全線単線非電化であった。昭和6年、さらに鮮魚輸送のために日本海側の
潮巻港への延伸を決定。スイッチバックで紫雲山を越えるという難工事を乗り切り、昭和12年に鯖川~潮巻港間が開業。同時に銅や魚類のの運搬を効率よくするため1067mmへ改軌し、国鉄に直通できるようにした。昭和7年、沿線住民からの要望で旅客輸送も開始。客車5両による旅客列車が設定された。
高度経済成長期は石灰石の需要増大に合わせて貨物列車を増やし大きな利益を上げた。昭和36年貨物が乗り入れる先の国鉄に合わせて全線が電化された。それに合わせて社名を潮巻電気鉄道に改称した。
貨物輸送のおかげで順調な経営をしていたが、鮮魚輸送が昭和59年に打ち切られ、昭和62年に柿山銅鉱山、平成3年に柿山鉱山が閉山したのに伴い、経営状況は悪化し経営方法の改革が求められるようになった。
現在は地域輸送と観光客の取り込みに重点を置いて経営している。ここ数年はぎりぎり黒字でほぼ横ばいの経営状況である。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://mousourailwaydiary.blog.fc2.com/tb.php/2-87b61c81

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。