スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各駅探訪 (北陸焼山)

北陸焼山は一面二線と通過線一本を持つ駅で構内西側には車庫もあり、終日一時間に一本ほど鯖川方からの電車がここで終点となる。
通過線の分岐器は110km/hで通過できるものであり、快速列車はここを高速で通り抜ける。
駅のある一帯山に囲まれた小さな盆地となっており江戸初期には鯖川の裏畑と呼ばれ、長年年貢の取り立てから逃げていたという記録が残っている。江戸中期には日本海側に抜ける鯖川街道が整備され、宿場町として栄えた。なお駅名にある北陸という名はここの地名であり、北陸地方の「北陸」とは関係ない。
前述のとおり西側には車庫があるため西口が無く、出入り口は東口だけである。ロータリーはなく小さな路地が宿場町のあるほうへ導いてくれる。宿場町は駅から歩いて5分ほどの場所にある。
宿場町を通り抜ける鯖川街道は県道5号線として現在も太平洋側と日本海側を結ぶ重要な役割を果たしている。
今も宿場町の後には古い建物が並ぶ。その中で町の南にある大橋屋は江戸中期の宝暦2年に旅籠屋として開業した。以来街道を行く人の休み所となっている。現在は旅館として営業し、日帰りの温泉も楽しめる。

宿場町は南北に600m程あり、古い建物がかなり残っている。重要文化財がこの宿場町だけで26件あることからも良好な保存環境だということが分かる。一部の家屋は今はやりの古民家カフェとして営業しており、他にも古民家美容院という変わった店もある。
ただ、最近は古い家屋の空家化が進んでおり、焼山町は空き家を買い取り格安で住めるようにする取り組みをしている。

駅西側へは駅舎の南側にある地下道、または線路沿いを北へ100m程行った踏切を渡ることによって行ける。西側は今も水田が広がり、水の張られている時期は海か湖にいるようである。そして所々に家屋とそれを囲む樹木がまさに島のようにポツリポツリと存在する。
ちなみに12月の今でも水が張られている。理由は田んぼに住む生き物のため。
普通はコメの収穫した後は水を抜いたまま放置しておくが、これだと田んぼに住む生き物が田に産卵すると卵が干からびてしまう。そのためこの地区ではカエルやメダカなどの生き物の数が減っていた。2005年からこの一帯の農家が協力し、なるべく多くの田に水を張っておくことにした。これにより今ではメダカやカエル、それを餌にする鳥類や蛇の数も増えているという。また、冬の間に土の中で微生物が活動してくれることで土の質が良くなったり、害虫の数が減るなどといった農家側へのメリットも大きかったため、現在では焼山地区すべての田んぼが冬季も水を張っている。
この取り組みはほかの地域からも注目され、また雪をかぶった紫雲山が水面に映ることから撮影スポットにもなりつつある。

とりあえず今回の乗車リポートは北陸焼山までとし、この先は夏また乗車し、リポートする。

続く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://mousourailwaydiary.blog.fc2.com/tb.php/28-963f12a5

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。